Sceneシーンのご提案

Scene Top

カンディハウスでは、「ノース ノーブル」 「シンプル & ナチュラル」 「アドバンスト クラシック」という、それぞれスタイルの異なる空間を提案し、
お客さまとともに豊かな暮らしを求めてまいります。

scene 01
おはよう。今日の日に。今日の私に。

新しい一日が、目を覚ます。
生まれたばかりの光が、風を連れてやって来た。
聞こえ始める街の喧騒。
実りある、いい日になりますように。

シーンを詳しく見る

scene 09
光も一緒に座ってる、みんなのテーブル。

丸いテーブルってどうしてだろう。
いつも誰かが何かしている。
おしゃべりもつい長くなって、来客は帰りが遅くなる。
わが家でいちばん、愛すべき場所。

シーンを詳しく見る

scene 15
アートを楽しむように、暮らしを愛おしむ。

本物を見る目を養ってきたつもりだけれど。
ときどき、予期せぬものに心を奪われることがある。
そんなときは衝動に従う方が面白い。
後悔するどころか、だんだん好きになっていくのだから不思議である。

シーンを詳しく見る

Aboutカンディハウスについて

About Top

カンディハウスはこれからも、
北海道の森と生きていきます。

私たちが生業とする家具の製造は、天然資源である森の木を原料に成り立っています。
地球環境問題が深刻化する中、あらためて私たちは、1968年の創業当初から大切にしてきた
「自然と調和したものづくり」を強く意識するようになりました。

一本の木を、端材や木屑まで使い切るのは言うまでもなく、
2013年からは、木材の輸送エネルギーを少しでも削減するため、輸入材を順次北海道産材に切り替えてきており、
10%以下だった道産材比率は今年中に50%を超える見込みです。
生活空間の心地よさが重視される時代。
カンディハウスはこれからも環境に負荷をかけない製造、輸送、販売に努めながら、
長く使える丈夫で美しい暮らしの道具を皆さまにお届けしていこうと思います。

北海道に育つ広葉樹をモチーフにしたロゴマークと、夏に繁るミズナラの葉色のコーポレートカラーとともに、
カンディハウスは新たな時代へ向け歩き出します。

Online Shopオンラインショップ

人気アイテムのご購入はこちら

for Contract Business法人のお客様

法人のお客様に、施工事例のご紹介や製品CADデータのご提供を行っています

お問い合わせ カタログ請求 ニュースレター
登録