MOLA LUX [モーラ ラックス]

このシリーズの他のモデルを見る >
腰掛けるというより、体を委ねたくなる。そんな包容力のあるソファーを中心に、ボックスなどさまざまなユニットを組み合わせて「自分の居場所」づくりができるシリーズです。デザイナーの吉野利幸氏は、内部構造から張地まで吟味することでソファーにこれまでにない"居心地"を持たせる一方、そこで長い時間過ごすためのさまざまなアイテムを提案。照明や音楽、本などを適切な距離感で配置するシェルフやテーブルを揃え、トータルなくつろぎの形をデザインしました。
ワンアーム195 R
ワンアーム150 L
クッション(大)
クッション(小)
ソファーボックス 114 (T)
ソファーボックス 78
サイドテーブル 55×45
シェルフ 160 (L)

本体張地:アンジーGY/F5

デザイナー

吉野 利幸
吉野 利幸
1959年横浜生まれ。
1984年東京芸術大学美術学部工芸科鋳金研究室を卒業し同大学安宅賞を受賞する。その後、同大学大学院美術研究科機器デザイン研究室に進み1987年修了。同年より丹青社株式会社設計部に勤務する。1989年にはドイツ政府奨学金を受けドイツに渡り、ベルリン芸術アカデミーシュベービッシュ・ゲムントデザインアカデミー“フォルムランゲージ”の理論研究に携わっている。1990年よりパイオニア株式会社デザインセンターに勤務し製品開発にたずさわった後、93年にイタリア・ミラノに移り、翌年Studio Yoshino(現、Toshiyuki Yoshino Design)を開設した。1999年にはイタリア・ミラノに家具ブランド、エレムスリビングアート社を設立するなど、イタリアと日本を拠点に家具を中心としたプロダクトデザインを出掛けている。
デザイナーのプロフィールを見る
ご来店予約 お問い合わせ カタログ請求 ニュースレター
登録