ムーブ ダイニング

テーブルは、伸長部の継ぎ目が天板端にあるため、収縮時にはエクステンションタイプとわからないデザイン。2 段階で最大2500mm まで伸長します(160×90 サイズ)。軽快さと機能性を併せ持ったフルカバーリングの椅子も、緻密な計算に基づくシャープな仕上がり。線と面の複雑な交差から生まれる表情は、奥深いデザインを追求する吉野利幸氏ならでは。
アームチェアー
サイドチェアー
EXテーブル 140×90

樹種・塗装:ウォルナットCW 張地:ウルトラスエードLGY/F3

デザイナー

吉野 利幸
吉野 利幸
1959年横浜生まれ。
1984年東京芸術大学美術学部工芸科鋳金研究室を卒業し同大学安宅賞を受賞する。その後、同大学大学院美術研究科機器デザイン研究室に進み1987年修了。同年より丹青社株式会社設計部に勤務する。1989年にはドイツ政府奨学金を受けドイツに渡り、ベルリン芸術アカデミーシュベービッシュ・ゲムントデザインアカデミー“フォルムランゲージ”の理論研究に携わっている。1990年よりパイオニア株式会社デザインセンターに勤務し製品開発にたずさわった後、93年にイタリア・ミラノに移り、翌年Studio Yoshino(現、Toshiyuki Yoshino Design)を開設した。1999年にはイタリア・ミラノに家具ブランド、エレムスリビングアート社を設立するなど、イタリアと日本を拠点に家具を中心としたプロダクトデザインを出掛けている。
デザイナーのプロフィールを見る
ご来店予約 お問い合わせ カタログ請求 ニュースレター
登録