KYOBASHI Catalog

3 2 「最小限の存在感」が、心に残る。 美術館生まれの「 KYOBASHI 」。 原型は、リニューアルするアーティゾン美術館(東京)のためにデザインされた 2 タイプの椅子。建物 のデザインを手掛けたトネリコの米谷ひろし氏が、「最小限の存在感」とそこから生まれる静寂を求め て生まれた形です。数多く並んでも空間のノイズにならないよう、背をテーブル天板より低く抑え、デ ザインも普遍的でシンプル。それでいてひときわ美しい後ろ姿が目を引きます。 この製造を請け負ったカンディハウスが、米谷氏とともに掛け心地や取り回しのさらなる向上を目指し てリデザインし、製品化に至りました。材料を北海道ナラに変え、塗装はミディアムブラウン「 MBR 」 を加えて全 7 色対応に。座も手入れのしやすいカバーリング仕様にしました。きわめてシンプルであ りながら安楽性も確保したふたつの椅子は、パブリックシーンにホームユースにと身軽に活躍してく れます。 Armchair H | Japanese Oak BL BQ-BL / L3 アームチェアー H | 北海道ナラ BL BQ-BL / L3 KYOBASHI series was born in a project to renovate the Artizon Museum in Tokyo. Designer Hiroshi Yoneya designed the chair to be simple and the height of the back to be lower than the tables in the museum, so that it would provide a sense of quietness and would not ruin the atmosphere of the museum even if the museum is equipped with plenty of the chairs. It � s discreet but can � t help drawing the attention of the visitors. Upon consulting with Mr. Yoneya for improvement, Conde House decided to include KYOBASHI series into their catalog. The chair is made of Japanese Oak, and is available in seven different colors. The fabric or leather on the seat plate is replaceable. A very simple and still comfortable chair that would fit in in various situations including but not limited to public facilities and homes.

RkJQdWJsaXNoZXIy NTg2MTc=