アートス ダイニング

「必要なものだけを残した」とフィンランドのデザイナー、アンティ・コティライネン氏が語る「AATOS[アートス]」。コントラクトに対応する汎用性の高い椅子を求めて3年前に開発が始まり、多くの人が使いやすく心地よいと感じる「バランス」を探していきました。必要十分なサイズ、軽快さと堅牢さ、さりげなさと個性──。構造の見直しを含めて幾度となく試作を重ね、それらがベストな形で共存する椅子が生まれました。
「AATOS」は、「崇高な考え」を意味するフィンランド語。人間工学的視点と機能美へのこだわりを持つコティライネン氏と、ものづくりにおいてつねにデザインに挑戦するカンディハウスが、知恵と技術を結集して生まれた椅子にふさわしい名前です。
スタッキングチェアー(座張)
樹種・塗装:北海道ナラ GY 張地:トニカ DGY/F4

スタッキングチェアー(座張)
樹種・塗装:北海道ナラ WNF 張地:MG-KGY/L3

〈セレクトファニチャー A+〉
デスク[DK-105-582]
樹種・塗装:ナラ GY + リノリウム 4175

〈KAMUY ダイニング〉
テーブル 210×95
樹種・塗装:北海道ナラ WNF

デザイナー

アンティ・コティライネン
アンティ・コティライネン
1997年ヘルシンキに、家具を中心とするプロダクトデザインとグラフィック、そして空間デザインなどのビジュアルコンセプトを得意とするデザインスタジオを設立。現代の要件に応えるべく有機的な機能性を追求し、北欧の伝統に沿って新たな木工製品の可能性を模索してきた。1993年以来、北欧をはじめイタリアやアメリカなど世界中の家具メーカーと協働。作品はフィンランドや国際的な展示会で広く発表され、欧米各国に加えて日本、オーストラリアなどの企業や大学、文化施設の公共スペースで採用されている。
デザイナーのプロフィールを見る
ご来店予約 お問い合わせ カタログ請求 ニュースレター
登録