Japanese|English
Products

キョウバシ ダイニング

原型は、リニューアルするアーティゾン美術館(東京)のためにデザインされた2タイプの椅子。建物のデザインを手掛けたトネリコの米谷ひろし氏が、「最小限の存在感」とそこから生まれる静寂を求めて生まれた形です。数多く並んでも空間のノイズにならないよう、背をテーブル天板より低く抑え、デザインも普遍的でシンプル。それでいてひときわ美しい後ろ姿が目を引きます。
この製造を請け負ったカンディハウスが、米谷氏とともに掛け心地や取り回しのさらなる向上を目指してリデザインし、製品化に至りました。材料を北海道ナラに変え、塗装はミディアムブラウン「MBR」を加えて全7色対応に。座も手入れのしやすいカバーリング仕様にしました。きわめてシンプルでありながら安楽性も確保したふたつの椅子は、パブリックシーンにホームユースにと身軽に活躍してくれます。
手前)
アームチェアー H
樹種・塗装:北海道ナラGY 張地:トニカLGY/F4

奥左から)
アームチェアー H
樹種・塗装:北海道ナラBL 張地:BQ-BL/L3

サイドチェアー H
樹種・塗装:北海道ナラDBR 張地:BQ-DBR/L3

アームチェアー H
樹種・塗装:北海道ナラNF 張地:ブレンドLGY/F2

アームチェアー H
樹種・塗装:北海道ナラDGY 張地:トニカDGY/F4

サイドチェアー H
樹種・塗装:北海道ナラGY 張地:トニカLGY/F4
CONDE HOUSE Official Account
CONDE HOUSE Official Account