キョウバシ ダイニング

原型は、リニューアルするアーティゾン美術館(東京)のためにデザインされた2タイプの椅子。建物のデザインを手掛けたトネリコの米谷ひろし氏が、「最小限の存在感」とそこから生まれる静寂を求めて生まれた形です。数多く並んでも空間のノイズにならないよう、背をテーブル天板より低く抑え、デザインも普遍的でシンプル。それでいてひときわ美しい後ろ姿が目を引きます。
この製造を請け負ったカンディハウスが、米谷氏とともに掛け心地や取り回しのさらなる向上を目指してリデザインし、製品化に至りました。材料を北海道ナラに変え、塗装はミディアムブラウン「MBR」を加えて全7色対応に。座も手入れのしやすいカバーリング仕様にしました。きわめてシンプルでありながら安楽性も確保したふたつの椅子は、パブリックシーンにホームユースにと身軽に活躍してくれます。
手前)
アームチェアー H
樹種・塗装:北海道ナラGY 張地:トニカLGY/F4

奥左から)
アームチェアー H
樹種・塗装:北海道ナラBL 張地:BQ-BL/L3

サイドチェアー H
樹種・塗装:北海道ナラDBR 張地:BQ-DBR/L3

アームチェアー H
樹種・塗装:北海道ナラNF 張地:ブレンドLGY/F2

アームチェアー H
樹種・塗装:北海道ナラDGY 張地:トニカDGY/F4

サイドチェアー H
樹種・塗装:北海道ナラGY 張地:トニカLGY/F4

デザイナー

トネリコ 米谷 ひろし
トネリコ 米谷 ひろし
1968年生まれ。1992-2002年まで内田繁のスタジオ80に在籍した後、2002年に君塚賢、増子由美と共にTONERICO:INC.を設立し、同代表を務める。2017年から多摩美術大学環境デザイン学科の教授を務める。
建築、インテリアから家具、プロダクトに至るまで多岐にわたり活動し、国内外で定期的にコンセプチュアルな作品を発表している。ミラノサローネサテリテデザインリポートアワード大賞、JCDデザイン賞金賞、JID賞、日本空間デザイン賞金賞など数々の賞を受賞。
代表作に「アーティゾン美術館」、「銀座 蔦屋書店」、「LOFT 店舗開発」、「青山見本帖」、「MEMENTO」、「KYOBASHI」などがあげられる。
デザイナーのプロフィールを見る
ご来店予約 お問い合わせ カタログ請求 ニュースレター
登録