FOUR チェアー

FOURチェアーは、コロナ禍での在宅ワークが定着する中、自宅で仕事用に使う椅子の重要性について、生活者の気づきが顕在化したことに端を発しています。オフィスで使うワークチェアーやエグゼクティブチェアーには機能性やデザインの優れたものが数多くありますが、在宅ワークの主な場所である家庭のリビングダイニングにさりげなく溶け込み、食事用としてもそのまま使える椅子はこれまでほとんど存在しませんでした。このFOURチェアーは、開発を担当したアクタスとカンディハウス、デザイナーの倉本仁氏、そして技術監修のコクヨの4者の知見が、繊細な意匠の中に結集しています。

製品情報

新製品
サイズ
巾790 奥790 高780(870) 座高435(525) 肘高655(745)
※( )の数値は昇降機能による最高時のサイズです。
Photo
樹種・塗装:北海道タモWNF
フレーム:C-SL
張地:BQ-BR
樹種・塗装
以下の3種類よりお選びいただけます。

北海道タモ
WNF

北海道タモ
MBR

北海道タモ
BL

対応張地
以下の5種類よりお選びいただけます。

シャレーFOG
(ファブリック)

シャレーCHA
(ファブリック)

シャレーCHO
(ファブリック)

BQ-BR
(レザー)

BQ-BL
(レザー)

価格

フレーム:
S-BL(サテンブラック仕上げ)
ファブリック ¥209,000(190,000)
レザー ¥231,000(210,000)

フレーム:
C-SL(クロームメッキシルバー仕上げ)
ファブリック ¥231,000(210,000)
レザー ¥253,000(230,000)

※( )は税抜き価格です。

オンラインショップでのご購入はこちら

※オンラインショップより購入される場合、張地は一部限定となります。予めご了承ください。

デザイナー

倉本 仁
倉本 仁
1976年兵庫県生まれ。1999年金沢美術工芸大学工業デザイン専攻卒業。国内大手家電メーカーに工業デザイナーとして勤務した後、2008年に東京目黒に『JINKURAMOTO STUDIO』を開設。プロジェクトのコンセプトやストーリーを明快な造形表現で伝えるアプローチで家具、家電製品、アイウェアから自動車まで多彩なジャンルのデザイン開発に携わり、国内外の様々なクライアントにデザインを提供している。素材や材料を直に触りながら、機能や構造の試行錯誤を繰り返す実践的な開発プロセスを重視し、プロトタイピングが行われている自身の”スタジオ”は常にインスピレーションと発見に溢れている。

iF Design Award、グッドデザイン賞、Red Dot Design Awardなど受賞多数。2015~グッドデザイン賞審査委員(2018年を除く)。
デザイナーのプロフィールを見る
サムネールをクリックすると、より大きな画像で確認いただけます。
液温40℃を限度とし、弱い手洗いが可能です。(洗濯機不可)
ドライクリーニング対応です。
クッション部全てにモールド発泡ウレタンを採用した製品です。
モールド発泡ウレタンについて モールド発泡とは、型の中に調合した材料を流し込んで発泡させる技術で、微妙なラインやふくらみが正確に表現でき、デザインの幅が広がります。またフレームを内蔵した一体成形などが可能で、材料にロスがありません。そして何よりも快適な掛け心地が長年変わらないことが最大の特徴です。
座クッション部にモールド発泡ウレタンを採用した製品です。
モールド発泡ウレタンについて モールド発泡とは、型の中に調合した材料を流し込んで発泡させる技術で、微妙なラインやふくらみが正確に表現でき、デザインの幅が広がります。またフレームを内蔵した一体成形などが可能で、材料にロスがありません。そして何よりも快適な掛け心地が長年変わらないことが最大の特徴です。
張り地が簡単に取り外せるカバーリング式を採用した製品です。張り替え時のメンテナンスが容易です。
ご来店予約 お問い合わせ カタログ請求 ニュースレター
登録