Japanese|English

住まいに寄り添ったご提案 トータルコーディネート編

2019.11.01

 

先日「ボルス ダイニング テーブル」ご愛用者であるMさまに、ご自宅リフォームのタイミングで、レストア(修理・再生)と新たにリビングアイテムをご購入いただきました。トータルでご自宅をコーディネートさせていただきましたので、ご紹介いたします。

 


 

設計事務所さんとご自宅のリフォームをされるタイミングでご相談いただいたため、家具の配置に合わせてペンダント照明の位置や取り付け方法なども打ち合わせをし、ご提案いたしました。

 

 

[ こだわりポイント1 ]

シンプルで上品なリビング

ソファーやパーソナルチェアーは、東京ショップの展示コーディネートをそのままご自宅にもほしいと仰っていただきました。お仕事でアジア圏にお住まいだったMさま。オリエンタルテイストの家具、調度品を多くお持ちでしたので、木部色はダークな色で統一感を持ち合わせながらシンプルで上品なリビングにまとまりました。

 

[ こだわりポイント2 ]

リビングテーブルは一本技シリーズの木目が特徴的なものを

ソファーやパーソナルチェアーがシンプルなデザインのため、リビングテーブルはお手持ちのアジアンテイストの家具にしっくりと合うように一本技 リビングテーブルをセレクトしました。特徴的な木目の材料をお選びいただいたことで、無垢材の質感が空間のアクセントになりました。

 

[ こだわりポイント3 ]

リビングの照明をシンプルなシャンデリア仕様に

東京ショップに展示している照明 【 ALED ペンダント 】の多灯吊りを一般のご家庭用にアレンジして、3灯吊りの専用ダクトを特別製作しました。

 

 

[ こだわりポイント 4 ]

ボルス ダイニングチェアーの座面に特注クッション

20年来ご愛用いただいている「ボルス ダイニング テーブル」を剥離再塗装してリフレッシュ。新品のように生まれ変わりました。今回ダイニングチェアーは張替えせずに、座面に置く座クッションを特注でご用意しました。テーブル上の照明はデンマークの【 ルイスポールセン PH5 :カッパー色 】をレイアウト。

 

 

【編集後記】
Mさまからはその後、ご満足いただけたという嬉しいお声をいただきました。さて、東京ショップでは、担当したスタッフがインテリアに関するお客さまのお悩みを解決していきます。設置したい場所のお写真や、平面図などをご持参いただけますと打ち合わせがスムーズに進みます。リフォーム予定の方は、お気に入りの空間を作るために家具選びから始めることもあります。ぜひお気軽にご相談ください。お待ちしております。