インド・ベンガルールにカンディハウスショップがオープンしました

2018.07.06

Global Living Emporio

去る6月3日、インド・ベンガルール(旧バンガロール)のインテリアショップ「Global Living Emporio」内に、約300㎡のカンディハウスブースがオープンしました。選び抜かれた当社人気のラインアップを中心とする約150点のアイテムによるライフスタイルの提案を“インドのシリコンバレー”と呼ばれる当エリアで展開してまいります。
» Global Living Emporioについて詳しくはこちら

Global Living Emporio

Global Living EmporioGlobal Living Emporio

ショップに展示する家具は、ウォルナット材やナラ材のブラウン系の塗装を配した落ち着きのある色味で統一。市場のニーズに合わせ、シックなコーディネートにしました。ラインアップは、YUKARチャレンジクォードテン等、国内外で人気のある製品を取り揃えています。

Global Living Emporio

Global Living EmporioGlobal Living Emporio

オープン前夜は、運営会社であるスタンレー社により、インド各地の建築家やインテリアデザイナー約40名を集めたレセプションが開催されました。そして、オープン当日には約200名のお客さまが来店。海外高級家具の輸入販売を行うショップにおいて、初の日本の家具ブランドの取り扱いとあり、多くの注目を集めました。

オープニングセレモニーは、在ベンガルール日本総領事・北川さまのご挨拶からはじまり、「CONDE HOUSE STYLE」をお伝えするプレゼンテーションや、デザイナーによるプレゼンテーションを実施。カンディハウスや日本のものづくりについて、現地のお客さまにしっかりとお伝えすることができました。

海外展開トピックス

タイタイ

※出展ブースが入る建屋のイメージ画像

近年出店を加速させている東南アジア圏ですが、ここインドの地では特に手応えのある評価をいただけたと感じています。そして今月は、タイ・バンコクにて展開をスタート。“バンコクの青山”と呼ばれるトンロー地区からも、世界へ向けて当社のものづくりを発信していきます。