Japanese|English

[ TEN NEW LINEUP ]テン TVボード・オットマンが全国のショップに登場!

2019.09.05

追加アイテム「テン TVボード」「テン リビング オットマン」「アクセサリーコレクション クッションK/C」

「CONDE HOUSE STYLE 2019(6月開催)」で発表した「テン TVボード」「テン リビング オットマン」の展示が、全国のショップにて始まりました。リビングシーンの機能と豊かさが高まる、追加アイテムの登場です。デザインと機能にこだわったTVボードの背面機能については、動画でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
※ 一部のショップでは展示していないアイテムもございます。事前にお問い合わせください。

【テン】TVボード・オットマン

【テン】TVボード・オットマン

【テン】TVボード・オットマン【テン】TVボード・オットマン

「シャープ&ソフト」の理想的なバランスを追求した、国内外で人気の「テン」シリーズに、TVボードとオットマンを追加いたしました。

TVボード

TVボード

脚部はシリーズ共通のデザインそのままに、機能を併せ持つTVボードです。サイズ展開は、巾2000mm/1800mm/1600mmの3タイプ、樹種は北海道タモとウォルナットの2種類をご用意いたしました。
≫ 詳しくはこちら

― Point ―

TVボード

室内を広く見せる浮遊感
シリーズ共通で表現している浮遊感をTVボードでも表現。箱型床置きタイプと比べ、床面が奥まで通るため圧迫感がなく、幅が狭くてもスタイリッシュに見える効果があります。また、床からの高さ135mmは、ルンバなどのお掃除ロボットも通れます。

配線をすっきり見せる背面機能
取り外し可能なバックパネル中央部分により、AV機器の配線などのコード類をすっきりと収納することができます。詳しくは動画をご覧ください。

TVボード

左右引き出し・中央フラップ扉
シャープなデザインと機能を両立するため、引き出しや扉の形状など細かな部分にもこだわりました。

TVボード

バリエーション豊富な天板
天板は本体樹種塗装と同じ無垢材に加え、カラー塗装(ホワイト、ダークグレー、ブラック、レッド)からも選択可能。スタイルの幅が広がります。

オットマン

オットマン

凛とした曲線が描くフォルムが、美しく包容力のあるオットマン。同シリーズのソファーと組み合わせることで、リビングで過ごす安楽性が高まります。樹種は北海道タモとウォルナットの2種類をご用意いたしました。
≫ 詳しくはこちら

― Point ―

オットマン

コンパクトなサイズ感
空間を遮らないコンパクトなサイズ感が特長のオットマン。デザインのアクセントにもなるシリーズ共通に見られるサイドフレームは、移動する際の持ち手としての役割も。お部屋の中を移動させたり、向きを変えたり、様々な使い方をお楽しみください。

今回ご紹介した追加アイテムの展示はもとより、現在ショップでは、暮し方に合わせた心地よいダイニングシーンを提案するダイニングフェアが開催中です。この機会にぜひショップへお越しください。

【TOPICS】新作のクッションにも注目です

【アクセサリーコレクション】クッションK/C

心地よい暮らしのポイントとなるクッションのラインアップに、厚みを持たせクッション性やデザイン性を高めた2タイプが加わりました。それぞれ腰当てや背当てに使いやすい3サイズをご用意。形の崩れにくいマイクロファイバーを採用し、弾力性や復元性も高めています。複数のデザインやサイズを組み合わせることで、コーディネートの幅が広がります。サイズ展開は、650mm×500mm/450mm×450mm/500mm×300mmと、用途に合わせた3タイプをご用意いたしました。

クッションK

クッションK

クッションK限定の張地は、北海道出身のテキスタイルデザイナー梶原加奈子氏のコレクションから3種類をセレクト。北海道のガーデンをイメージした花々やタイルの柄は、プリントと熱収縮加工の技術により立体感と質感が表現された特長的なテクスチャーです。表と裏で同張地、または異なる張地の組み合わせをお選びいただけます。
≫ クッションK(650mm×500mm)
≫ クッションK(450mm×450mm)
≫ クッションK(500mm×300mm)

クッションC

クッションC

カンディハウスのファブリックコレクションよりお好きな張地をお選びください。表と裏で張地方向が異なるため、柄物の張地をお選びいただくと新鮮な仕上がりとなります。

クッションC

≫ クッションC(650mm×500mm)
≫ クッションC(450mm×450mm)
≫ クッションC(500mm×300mm)