サン ダイニング チェアーが 「北海道新技術・新製品開発賞 デザイン部門」大賞を受賞

2021.11.09

この度、カンディハウスの「サン ダイニング チェアー」が令和3年度「北海道新技術・新製品開発賞 デザイン部門」にて大賞を受賞しました。

北海道が主催する「北海道新技術・新製品開発賞」は、北海道工業等の技術開発を促進し、新産業の創出や既存産業の高度化を図るため、道内中小企業者等が開発した優れた新技術・新製品を表彰するものです。平成10年から始まり、これまで食品加工や機械金属などのものづくり分野で、特色のある技術や製品が表彰されています。今年度から新たに「デザイン部門」が創設され、9件の応募がありました。

受賞製品の「サン ダイニング チェアー」は、今年6月に発売した、北海道産広葉樹を使用したシンプルでデザイン性の高い軽量なつくりのダイニングチェアー。ドイツ人デザイナーのミヒャエル・シュナイダー氏とともに機能美にこだわって開発し、普遍的なフォルムと安心感のある掛け心地が特長です。この椅子より新たに採用した地元北海道産のカバ材に表れる個性的な木目を生かして使用している点などが評価され、受賞となりました。


サン ダイニング チェアー(座張)

普遍的なフォルムでありながら、個性的な木目を持つ北海道産カバ無垢材の木部には工芸的な美しさが漂い、張り仕様の背と座が安楽性を高めています。クラフト感のある革部のステッチワークは知的なアクセントに。また、海外展開を視野に入れたサイズ感も特長で、大柄な男性から女性まで快適に過ごせるゆったりとした設計。腰掛けると背からアームへ心地よく腕をもたせかけられ、体が支えられる安心感があります。誰もが使いやすいこの椅子は、コントラクトだけでなくホームユースのさまざまな場面に馴染み、長時間過ごすことのあるダイニングにも最適です。A字に伸びた長い脚は、空間に変化をつける効果も。

製品情報はこちら

▼デザイナーインタビューはこちら

ご来店予約 お問い合わせ カタログ請求 ニュースレター
登録