Japanese|English

【出展レポート】IFFT/インテリア ライフスタイルリビング 2019が終了しました

2019.11.30

IFFT

カンディハウスは、11月20日[水]〜22[金]に東京ビッグサイトで開催された「IFFT/インテリアライフスタイルリビング2019」に出展。今秋発売の新作4シリーズの展示に加え、IFFT特別企画「OFFICE-UP」にて新たなオフィス空間の提案を行いました。ご来場いただいた皆さま、誠にありがとうございます。

来場者の注目を集めた、新作〈EIGHT〉〈ONE〉

今秋様々なイベントにて一足早くお披露目してきた新作たちが、IFFT会場に集結。来場者の皆さまに、カンディハウス2019年の集大成をご覧いただきました。

EIGHT ONEEIGHT ONE

特に注目を集めたのは、倉本仁デザインのダイニングシリーズ〈EIGHT〉〈ONE〉。何度も試作を重ね細部までこだわり抜いたデザインと掛け心地を、現地にてお客さまにご体感いただきました。多く寄せられた「クッション性のある座り心地が良い」という感想は、実際に座ったお客さまの表情からもうかがい知ることができました。

EIGHT ONE

〈EIGHT〉に合わせたのは存在感抜群の丸テーブル〈ONE〉で、シックなダークグレーはIFFTにて初お披露目です。こちらも、天板を触ったり裏を覗き込むお客さまの姿が印象的で、関心の高さが伺えます。ブースではデザイナーの倉本さん自ら来場の方に製品コンセプトをお話してくださったりと、終日賑わいを見せていました。

クラスト

ヌプリヌプリ

IFFTを機に発売となる〈クラスト〉は、特に女性のお客さまが足を止めて見ている姿が印象的で、カンディハウスの新しいデザインとして高評価をいただきました。また、北海道の森をバックに全ラインアップを展示した〈ヌプリ〉も、立ち止まって腰掛けていく人が多く、北海道らしさを表現したデザインが好印象。シリーズ共通で表現する「体の延長としての椅子」というコンセプトを多くの方にご体感いただけたと感じます。

IFFT特別企画「OFFICE-UP」も大盛況

OFFICE-UP

これからの新しいオフィスを提案するIFFT特別企画「OFFICE-UP」。カンディハウスでは、無機質になりがちなオフィス空間にて木のぬくもりをふんだんに感じられる様な、会議室と打ち合わせスペースの提案を行いました。

OFFICE-UPOFFICE-UP

落ち着きと重厚感のある会議室として〈一本技〉の無垢テーブルに〈KAMUY〉〈WING LUX〉の椅子をセット。また、打ち合わせスペースには、ナラ材の無垢のラウンドテーブル〈RBテーブル〉〈スプリンター〉の椅子を合わせました。「OFFICE-UP」で無垢のテーブルを展示しているのは当社だけと注目が集まり、カンディハウスらしい提案ができました。

旭川家具工業協同組合旭川家具工業協同組合

旭川家具工業協同組合としても、「ここの木の家具 北海道プロジェクト」を象徴的に大きくパネル展示するなど、地域一丸となっての取り組みもしっかりとアピールすることができました。また来年のIFFTでさらに良い提案ができるよう、今回寄せられた声や反応をしっかりと受け止め、今後のものづくりに励んでまいります。