暮らし方提案

【暮らしを整える】
ワークスペースを兼ねたダイニング

モノがすっきりと片付いて気持ちが良いことや、使い勝手がよく快適であること、お気に入りのものに囲まれて心がほっと安らぐこと。身の周りを「整える」ことによって、気持ちも空間も余白が生まれます。多様化するお家での暮らしに、ゆとりをつくりませんか。

丸テーブルとオープンシェルフを使った、ワークスペースを兼ねたダイニングはいかがでしょうか。シンプルな形の丸いテーブルは、食卓を囲む椅子の配置を自由に決めることができます。角がない分空間を広く使え、家事動線が確保しやすいのもメリット。席についた時にお互いの視線が自然に交わるため、食事中の会話もはずみます。

そこにオープンシェルフをプラスし、ワークスペースとしても使いやすく。「くらす・はたらく」のアイテムがきちんと分別されていることが心地よさを作るポイントです。収納が充実することで必要なものをすぐに使え、作業効率もアップ。また、収納だけでなく、奥行き450mmのシェルフ天板は立ち作業する際にも便利です。ちょっとした調べものや、キッチンで調理中にレシピを開いたり、座り疲れた時の気分転換にも。

暮らしが整うヒント

デスクマット [ Orbitkey ]

「くらす・はたらく」の切り替えをスムーズに行うためのアイテム。デスクマットを敷くことで、PCや資料を広げる範囲をコントロールしやすくなり、マウスの動きもスムーズに。また、一旦作業をとめて食事をとる時などには、デスクマットごと移動させることで、簡単にダイニング空間に切り替えることができます。

キャンドルライト [ LE KLINT ]

おうち時間が増えたことで、世界的に注目度が高まったのがポータブルランプ。普段の暮らしに比べ、作業時はあかりの量を必要とするもの。目への負担を軽減させ、快適な作業環境のために、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

ご来店予約 お問い合わせ カタログ請求 ニュースレター
登録