暮らし方提案

【暮らしを整える】
自分だけの空間で、ONとOFFを愉しむ書斎

モノがすっきりと片付いて気持ちが良いことや、使い勝手がよく快適であること、お気に入りのものに囲まれて心がほっと安らぐこと。身の周りを「整える」ことによって、気持ちも空間も余白が生まれます。多様化するお家での暮らしに、ゆとりをつくりませんか。
集中して仕事をすることも、リラックスして趣味に没頭することもできる、そんな書斎での過ごし方をご紹介いたします。

「家で一人になれる場所が欲しい」「書斎をリフレッシュしたい」。在宅ワークが一般的になりつつある昨今、そう感じる機会が増えたのではないでしょうか。変わり続けるニューノーマル時代において、自分の空間づくりの必要性が高まった今こそ、書斎は最も変化が必要な場所かもしれません。自分仕様にカスタマイズした空間で仕事や勉強に集中し、趣味や教養を増やす読書に没頭する時間を過ごすことは、大人の贅沢と言えます。

大型のブックシェルフは、蔵書しているコレクションを納める醍醐味はもちろん、オンライン会議の背景としても一役。画面から外した視線の先にこだわりのオブジェが並んでいると、自然とリラックスしモチベーションや集中力も高まります。使用頻度が低いものや表に出しておきたくないものは、下段の扉付き収納へ。書斎にあると満足度の高い、ディスプレイと収納を両立させたブックシェルフです。

その他、書棚から持ち出した本やノートパソコンなど作業の助けとなる道具の置き場になるサイドデスクや、OFFモードでリラックスするためのパーソナルチェアーなどもメリハリある書斎には欠かせません。写真の〈チャレンジ イージーチェアー〉は座面の傾斜が心地よく、特長的な背もたれで安定したくつろぎ感をもたらします。

暮らしが整うヒント

アートを飾って心を整える

感性を刺激するアートは、心を豊かに、そして新しいアイデアを生み出すヒントになります。美しいものを眺めることで気持ちを整え、いつもの自分を取り戻すきっかけになることも。写真は書棚のブックエンドをアートや重さのあるガラス製の花器でコーディネートする楽しさをご紹介。比較的取り入れやすい壁面アートは、手始めに小さいものからはじめてみてはいかがでしょうか。季節ごとに掛け変える楽しみも。

バリエーション豊富なブックシェルフとデスク

用途やスペースに合うサイズの組み合わせを選ぶことができる「セレクトファニチャーA+」。豊富なバリエーションから、お好みの書棚やデスクを選んでみませんか。ラインナップの豊富さはもちろん、旭川家具らしい木質感と手仕事の美しさを存分に味わえるのも魅力です。

» セレクトファニチャーA+ ブックシェルフ一覧はこちら
» セレクトファニチャーA+ デスク一覧はこちら

ご来店予約 お問い合わせ カタログ請求 ニュースレター
登録