Japanese|English
お部屋づくりのポイント

家具からインテリアエレメントまで
ともに暮らしを考える

ご自宅で過ごす時間が増え、心地よい暮らしを考えるきっかけになった2020年、長く愛用できるものをこだわってお選びになるお客さまが増えているように感じます。カンディハウスではお客さまと一緒に、じっくりとこだわって最適な暮らしのご提案をさせていただきます。
今回は、マンションへの引越を機に、家具の買い替えやインテリアエレメントを含めご提案させていただいた、Hさま邸のトータルコーディネートをご紹介します。

-LIVING SET-

廊下から扉をあけるとリビングダイニングの大空間が広がるHさま邸。ゆったりとした空間を生かすため、ソファーのサイズ選びは重要なポイントでした。そこでご提案したのが、サイズバリエーション豊富な「クォード」。座り心地は大変気に入っていただきましたが、サイズが大きすぎるのではないかと心配されていたため、その後何度もサイズを検証し、「コーナーソファー」と、「ワンアーム 195」の組合せに決定しました(トータルのソファー幅は3100mm)。壁際に「コーナーソファー」を設置することにより、お部屋の奥に重量感を持たせ、手前の窓際は広がりを持たせることができました。まだお部屋に空間の余裕があるため、「アームレス」の追加も将来的にご検討されています。

ソファーの張地に選んだ革「MG-LGY」は、全体的に落ち着いたインテリアの中に上品な明るさをもたらし、これだけ大きなソファーでも圧迫感なくお部屋に馴染みました。また、ソファーを決める前からこれは必ず置きたいと強い要望のあった「tosai LUX イージーチェアー」は、リビングとダイニングを繋げる良いバランスに。「tosai LUX イージーチェアー」に合わせた黒革のクッションや、カーテンのタッセルにあわせたパープルのクッションなど、Hさまの細かなこだわりがアクセントとなり、ご満足いただけるリビングとなりました。

-DINING SET-

ダイニングセットは買い替えも検討されていましたが、34年前からご愛用いただいている「ボルス」のダイニングセットをそのままご新居へ。手放すことが寂しいほどボルスシリーズに愛着を持っていただいている様子でした。ボルスのキャビネットも引越しのたびに解体してご愛用いただいており「このボルスがあったから、またカンディハウスを訪れました。新しい空間にも溶け込み年代を感じないデザインが素敵」とHさま。34年経った今も改めてお客さまと繋がることができ、嬉しく思います。長くご愛用いただき、ありがとうございます。

-BED ROOM-

寝室は「bmシリーズ」でオリジナルな空間づくりを行いました。モダンなインテリアをご希望でしたので、ウォルナットにするかナラGYのグレーにするか最後まで悩みましたが、建具の色合いに近いグレーにし、スタンドライトの黒をアクセントにしました。壁のアートとのバランスも考え、ヘッドボードの高さは872㎜に。結果、ナラのグレーが上品な印象となり、アート作品も映える空間となりました。アルネ・ヤコブセンの「BELLEVUE FLOOR LAMP AJ7」のスタンドライトや、作家・真鍋武さんのアート作品も一目で気に入っていただき、即採用となりました。感度の高いHさまでしたので、ご提案はいつも楽しく打合せさせていただきました。

-ENTRANCE-

玄関から自然光がたっぷり入るエントランスは、Hさまこだわりの空間でした。当初造作のベンチを検討されていましたが、カンディハウスならではの技術力と美しいデザインが特長の「ナミ ベンチ」を大変気に入られ、このサイズが設置できる寸法に設計変更してくださいました。自然光がデザインの陰影をさらに美しく見せています。

こちらのマンションオーナーでもあるHさま。「ホテル」がコンセプトのマンションエントランスは、デザイン性の高い花器やグリーン、そしてアート作品で印象的な空間に。重厚感のある雰囲気と空間に合わせ、陶芸家である五月女寛さんの墨象画を飾りました。

-INTERIOR GREEN-

植物が大好きなHさまは、今回バルコニーの植物に関してのお悩みをお持ちでした。当初、バルコニーに等間隔に設置されていた植物を、リビングダイニングのこだわりであるFIX窓部分に集めて設置する案を提案しました。FIX窓をフレームに見立てることにより、印象的な空間に。お部屋を彩る観葉植物のほとんどは「グリーンコーディネーション フズ」さんでセレクトいたしました。


[before]等間隔に設置されていた植物

[after]FIX窓の前に植物を集めました

-WINDOW TREATMENT-

カンディハウスショップでは、カーテン、ブラインドのご相談も承っております。カーテンショールームへ同行し、家具やお部屋に合わせたご提案をさせていただきます。 今回Hさまと訪れたのは「フジエテキスタイル」さんです。お客さまと一緒にあれこれ悩みながらも、楽しいカーテン選びとなりました。

今回Hさまのお好みに合わせ、家具やインテリアエレメント、アートをご提案させていただきました。インテリアの関心が大変高くじっくり時間をかけて完成したお部屋は、Hさまのセンスの良さが溢れる居心地の良い素敵な空間です。とても気さくな方で、数回に及ぶお打ち合わせも時間があっという間に過ぎるほど、楽しみながらおうちづくりにご協力させていただきました。今後ともカンディハウスをよろしくお願い申し上げます。
(カンディハウス大阪ショップ 木村・出戸)

カンディハウスショップでは暮らしにまつわるご相談を承ります。遠方のお客さまや、外出が難しい場合などにご対応し、メールなどでのご相談も承ります。皆さまお気軽にご相談くださいませ。

CONDE HOUSE Official Account
CONDE HOUSE Official Account

Facebook

Instagram

YouTube